マンションを売却する際には、仲介手数料が必ずかかってしまいます。仲介手数料は、不動産会社が、売主と買主との間に売買契約が成立した時点で発生することになります。
ただし、仲介手数料の値引き交渉は、法律上、上限額だけが定められているため、不動産仲介業者と交渉することで割引してもらうことができます。

たとえば、マンション売る際に、不動産会社の儲けとなるもののため、不動産会社としては割引をお願いされるとそれほど良い気はしません。
価値の高い物件であるなら、割引をしたとしても仲介会社には相応の儲けが出ますが、そうではない場合は、儲けが少ないため、相手にとってそれほど有益なものにはなりません。

マンションを売却する際に、仲介手数料は結構高いものになりますが、その中には、不動産会社がリスクを負っているということで、その金額になっております。
不動産会社には賠償責任があり、取引の間に売主や買主に損害が生じた場合には、その損害を賠償するための責任があり、さらに、取引の際に、手続きにミスがあった場合も、所定の手続きを経て、当事者は賠償を受けることができます。

そのため、高額になりますが、その中には、不動産会社が何かあったときに保証するために必要な保険のようなものと考えると、金額にも納得がいきます。
もし、割引をしてもらおうとする場合には、不動産会社の利益を減らしてしまうことに繋がるため、お願いするという謙虚な姿勢で交渉することが大切です。