口座を開設するだけで現金2千円がもらえるということで、
損はないと思って申し込んだ証券会社のNISA口座。

郵送されてきたパンフレットが分かりやすくて、つい読み始めてしまった。

今年から、株や投資信託を売った利益や毎年の配当金の税金が20%になるそうだ。

それまでは10%だったらしい。


株を持っているだけで儲かるのに、税金が10%で済んだなんて、不公平だったと思う。

私達は低い利率の定期預金から、しっかり20%税金が引かれていた。

復興特別所得税は細かいので、ざくっと8割で計算すると、これまでは、
1年に30万円の定期利息は手取り24万円で、配当金なら手取り27万円だった。

3万円も違っていたのだから大きい。
ニーサ口座なら非課税だから、配当金の全額が手に入るわけだ。

気をつけないといけないのは、損失が出たとき。
普通は他の利益と相殺できるのだけれど、ニーサ口座での損失は考慮されないこと。

でも100万円以上も毎年お金を投資するのは、金持ちだけだから、
私達のように「少しだけ投資をしたい」と思っている人間には、関係ないデメリットだと思う。